気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

老眼マッサージと目の体操 糖尿病による白内障

スポンサードリンク

白内障や老眼は加齢によるものだと思いがちですが、実は生活習慣が原因で引き起こされたり、進行がしやすくなってしまうということもあるそうです。健康カプセル!ゲンキの時間では老眼マッサージ、目の体操、そして白内障など目の病気について取り上げていました。

老眼に効果的なマッサージ

両国眼科クリニック理事長ので医学博士の深川和己先生が老眼の進行をしにくくする可能性のある方法を紹介してくれました。それは、目の周りのマッサージと目の体操でした。

それは目の周りの血行を良くするというもの。疲れ目で見えにくくなった状態なども少し改善する事があるということでした。

老眼マッサージ

  1. 目の周りの骨を3本指で3秒間押します
  2. これを目の周りにそって3周くらい行います

このマッサージを一周おこなうだけでも血行が良くなり視界が明るくなるそうです。

目の体操

続いては目の体操のやり方です。

  1. 顔を動かさずに上下左右を5秒間ずつみます
  2. これを1日3セット行います

老眼は加齢だけでなく、生活習慣によっても進行しやすくなるということでした。それは目の酷使、睡眠不足、食事の偏りなどです。

白内障の原因と年代別発症率

白内障はタンパク質の変性で水晶体が白く濁る病気。 白内障の主な原因は加齢によるものだという。年代別の白内障の発生率は50代が60%、60代が70%、80代では100%となっている。

白内障になるとものが霞んで見えたり、白っぽくモヤがかかったように見えるようになるという。

白内障のチェック

番組では白内障のチェック項目として、同じ柄で同じ色の靴下を選ぶというテストを行っていました。複数の似たような柄の靴下の中から、自分が持っている同じ柄で同じ色の靴下をもう一つ選ぶというものです。その他にも次の2つの項目に当てはまる人は、白内障に要注意とのこと。

  1. 生活習慣が乱れている
  2. 長時間外出することが多い

これらに当てはまる人は白内障には要注意。また、近年増加している白内障の原因に糖尿病によるものがあるということでした。食べ過ぎなどで不要なタンパク質が蓄積することが原因と考えられているということでした。

そのため体の血糖値が急に上がらないようにバランスの良い食事を摂ることが大切だということでした。

また、外出する時間が長い人が白内障のリスクが高い原因は紫外線。太陽光に含まれる紫外線が水晶体に入り込むとタンパク質が変性して白く濁ります。

さらに白く濁った水晶体は光を散乱させまぶしく感じやすくなるという。夜間の運転中、車のライトが必要以上にまぶしい人は白内障のおそれがあるという。

検査方法と治療法

白内障の検査方法は、水晶体に光を当てて顕微鏡で目の状態を見るというもの。この日検査を受けた57歳の男性にもすこし白内障の兆候がみられたという。

白内障の治療は基本的には手術だということでした。まだ、有効な点眼薬などはないとのこと。白内障の手術はおよそ3ミリの小さなキズをつけて、特殊な器具を使用して水晶体を分割させ、そして超音波で水晶体を砕き吸引して丸く折りたたんだ6ミリほどの眼内レンズを挿入して完了です。

手術時間も短く日帰りで行う事ができるということでした。