気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

ヤミーさんの20分手作りパン 絶品チーズトースト あさイチ

スポンサードリンク

あさイチではたった20分で生地作りから焼きまでできる時短手作りパンと、パン作りの職人が教える絶品チーズトーストの作り方を紹介していました。生地作りが5分、焼く時間が15分、トータル20分で作ることができる手作りパンを教えてくれたのは料理研究家のヤミーさんでした。

ヤミーさんの20分で作れる簡単手作りパン

香ばしくて焼きたてふわふわのパンをわずか20分で手作りできる方法というのがあるということでした。パンレシピの達人で料理研究家のヤミーさんが、生地づくりに5分、焼き15分、トータル20分でできるパンの作り方を教えてくれました。

手作りパンのポイント

使うのは薄力粉。普通はパン作りは強力粉を使いますが時短でつくるため薄力粉にします。この薄力粉をボウルにいれます。

続いて、ベーキングパウダーを加えます。さらに、砂糖、塩を加えて混ぜあわせてます。

そして、パンの生地をふっくらとさせるために、ヨーグルトを加えます。その後に水、サラダ油の順番で混ぜていきます。粉っぽさが無くなるまで混ぜればOK。

トレーにアルミホイールを敷き、そこにサラダ油を薄く塗ります。その上に生地をのせて直径15cmくらいに伸ばします。そして、薄力粉を軽くまぶし火が通りやすいように十字に切り目を入れます。

オーブントースターの焼き時間を15分にセットして、パンの焼き色がついてきたら焦げないようにアルミホイルをかぶせます。生地がふっくらと膨らんだら完成です。

達人の絶品チーズトーストの技

パン作り36年、製パン店のオーナーシェフの藤森二郎さんが、栄養たっぷり、絶品チーズトーストの作り方を教えてくれました。パンは栄養が偏りがち。でもチーズトーストにすることで栄養の偏りをある程度改善することができるということでした。タンパク質やカルシウムが摂取でき育ち盛りの子供にもピッタリ。

チーズトーストというと、四角形のトロけるチーズをのせるイメージがありますが、そのまま乗せてオーブンで焼くとチーズの下が湿ってしまいます。

達人のチーズトーストの作り方のポイント

まず達人はトースターのスイッチをいれて予熱します。そこに食パンををいれて軽く焼きます。

次にピザ用チーズを用意します。続いてマヨネーズをチーズ3に対して1加えて混ぜあわせます。このようにすることでとろとろになるということでした。

そして、予め予熱しておいたトースターで表面がふつふつになるまで焼きます。

焼きあがったら、そこにパセリをまぶして完成です

マヨネーズを加えるととろとろになる理由

専門家によると、マヨネーズをチーズに加えると、とろとろになる理由つぎのとおりでした。マヨネーズはそもそも、酢、油、卵黄など本来溶け合わないものを溶けるようにして作られている。これを乳化と呼ぶそうですがこの作用が、加熱されたチーズとの間でも起こることで、とろとろになるということでした。

また、チーズも乳化しているので、乳化している食品同士をあわせることでさらにとろとろ感が増すとのこと。