気になるネタ

テレビで取り上げられた・気になったネタの紹介

葉酸が多い食べ物 簡単な摂取の仕方 葉酸で血管の若返り効果も? 主治医が見つかる診療所8月18日

スポンサードリンク

葉酸という栄養成分をご存知でしょうか。葉酸を摂取することで血管年齢を若く保つことができるそうです。主治医が見つかる診療所8月18日では、この葉酸が多く含まれている食べ物、そして葉酸を簡単に摂取する方法、埼玉は坂戸市の葉酸プロジェクトの取り組みについて紹介していました。

葉酸が多く含まれている食べ物

血管年齢を若くしてくれる葉酸。でも葉酸はいったいどんな食べ物に多く含まれているのでしょうか。番組では葉酸が多く含まれている食品が紹介されていました。葉酸は妊婦の方や貧血気味の方が多く摂取するように指導を受けるビタミンの一種です。

葉酸を多く含む食材
ほうれん草100g 110μg
ブロッコリー100g 120μg
緑茶(玉露)100cc 150μg
焼き海苔1枚(25cm×20cm) 57μg
枝豆100g 260μg

葉酸は緑色の野菜に多く含まれているという特徴があります。なのでこの他にも小松菜、アスパラなどにも含まれています。

葉酸の効果 動脈硬化の予防

葉酸の効果については動脈硬化に基づく脳卒中、つまり脳梗塞とか脳出血の予防のはたらきがあると考えられている。葉酸は、血液中に含まれるホモシステインという有害なアミノ酸の一種を分解するときに必要とされます。つまり、葉酸が十分にあるとホモシステインも分解されるので動脈硬化の予防、改善に繋がります。血管の再生力がも上がり、血管年齢も若返るということになります。

葉酸をサプリで摂取するという方法もありますが、摂り過ぎも良くないので、なるべく食事から摂取したほうがベターとのこと。但し、妊婦さんのように葉酸をたくさん必要としているう方の場合は医師と相談の上で服用したほうがいいそうです。

埼玉県坂戸市の葉酸プロジェクト

埼玉県の坂戸市では葉酸プロジェクトというのを役所のスポーツ推進課というところで実施しているそうです。この葉酸プロジェクトの参加者の血管年齢は概ね実年齢よりも若い人が多いという。

この葉酸プロジェクトでは、葉酸についての知識などを知ってもらうための講義や採血や食事指導、個別アドバイスなどを行い脳卒中による患者を減らす努力をしているそうです。

葉酸の簡単な摂取方法

坂戸市の葉酸プロジェクトに参加している人たちは食事で葉酸を摂るように心がけているということです。葉酸は食事で摂取することが望ましいとのこと。実際にプロジェクト参加者の葉酸の平均値は12.9ng/mlから16.3ng/mlへとアップしたそうです。

ただ、野菜で摂取しようとすると、同じ野菜だけ食べるとあきるので、レシピに工夫が必要になってきます。でもこれが面倒です。

そういう場合は、間食に海苔を1日2枚(25cm×20cm)、あるいは玉露の緑茶を飲むだけでも葉酸を摂取することができます。

65歳女性は、1日1リットルの緑茶を飲んで、血管年齢がなんと54歳を保っているそうです。このように工夫次第で葉酸は簡単に食事から摂ることができます。